カテゴリ:経済( 1 )

災い転じて福と成す

ツイッター上に書きたかった文章ですが、
文字制限がありますのでブログにて。

今回の「中国反日デモ」で25億円とも言われる被害に遭ったイオンの株価は
18日に年初来安値を更新するなど、被害企業へ影響が出ています。

今後、日本経済はどうなるのか?
18、19日の報道済みの内容も含めての予測です。

今後、中国での事業縮小、撤退する企業が増えると予想される。
   ↓
日本経済への影響が懸念される。
   ↓
為替は円安方向に向かう。
   ↓
輸出企業各社の収益改善が期待される。
   ↓
波及効果が予想され日経平均株価が上がる。
   ↓
(日本経済回復へ?)

翻って今までの日本経済を考えてみると
円高
 ↓
業績悪化
企業の海外移転
 ↓
より一層の円高
 ↓
リストラ加速
海外移転の加速
 ↓
ますます円高
 ↓
更なる業績悪化
なす術ナシ

各社が円高対策として海外移転を進めれば進めるほど
円高は進んで来ました。

これは合成の誤謬ではないのか?
※「合成の誤謬」とは、何かの問題解決にあたり各人が合理的な行動を取ったとしても、
  全体では想定外な悪い結果を招いてしまう事がある(ケインズ)。

そして、次の仮説を考えました。
逆に企業が国内回帰を進めればどうなるのか?
(為替変動要因は多岐に渡るということは承知した上で)
この頁冒頭の「中国」を「海外」に替えてみると

今後、海外での事業縮小、撤退する企業が増えると予想される。
   ↓
日本経済への影響が懸念される。
   ↓
為替は円安方向に向かう。
   ↓
輸出企業各社の収益改善が期待される。
   ↓
波及効果が予想され日経平均株価が上がる。
   ↓
(日本経済回復へ?)

経済専攻では無い人間のたわごとでした。
[PR]

by t-morino | 2012-09-19 23:26 | 経済