平成22年天神祭り宵宮

灼熱の都会で昔ながらのお祭り
写真が趣味でなければ、100%行ってないと思う程の猛暑

暑いですね。
b0162847_1924137.jpg

太陽、頑張り過ぎですよね。
b0162847_192541.jpg


やがて陽も沈み、たまに届く大阪湾からの涼風が心地良い時間帯になって来ました。
b0162847_1955213.jpg

前に居た7Dの白人さん(前回2枚目)に「EXCUSE ME」と少しだけ場所を替わってもらい
b0162847_196112.jpg

「ブレるよね?」
「Break?」
「ノー、ノー、シェイク」とカメラを振ると
「Shake camera?」と7Dを振る外国人。
ISユニットが揺れる音に驚いてるようでした。
breakには壊れるという意味もあるんですね。
そして、手ブレのつもりでシェイクと言ったのですが、
これが話を違う方向に持って行ってしまった。

そして私はそそくさと出口へ
b0162847_19192069.jpg

振り返ると、耳に近づけて7Dを振ってました。
[PR]

by t-morino | 2010-07-31 19:24 | 祭り | Comments(4)

平成22年天神祭り宵宮~怪盗編~

昨年よりカメラの数が増えたなというのが第一印象でした。
前にいる方に腕を伸ばしてライブビューで撮られたら、
いくら長身の私でも撮影は難しいです、、、
身長ですか?
190は無いですね。
b0162847_2052568.jpg

正確には173です。(髪の毛が長い時は)

ということで
今回は「撮れないなら、前の画面を盗ったれ!」と怪盗シリーズです。
b0162847_20132217.jpg
b0162847_2016541.jpg
b0162847_20171296.jpg
b0162847_20173047.jpg


背伸びして普通の画像も撮ってますので、後日UPします。
[PR]

by t-morino | 2010-07-29 20:25 | 祭り | Comments(6)

大阪せともの祭

「大阪せともの祭」は江戸時代初期から300有余年の歴史と伝統を誇る行事で
昨年「大阪市指定無形民俗文化財」に認定されました。

坐摩神社・火防陶器神社・坐摩神社会館5階〈大阪市中央区〉
24日(土)午前11時~午後6時まで
陶器の招き猫
かなりデカイです。
b0162847_0175775.jpg

関西では皆が知ってる、あの人です。
後ろの文字が気になるでしょう。見に行って下さい。
b0162847_02041100.jpg

日本の夏の常備品
b0162847_0213719.jpg

境内では
○ 「茶碗供養祭」
○ 「陶芸教室」
○ 「奥能登ご神事太鼓」
○「ゆかた茶会」
○ 関西在住の陶芸作家による陶器市などが行なわれてます。
可愛い動物達
b0162847_0224150.jpg


神社会館5階では
○ 「福来る元気猫大集合」「和楽(縁起物)づくし猫祭」
○ 「タジン鍋」大特集。話題の健康食育鍋で、夏バテを吹っ飛ばそう!!(展示販売)
○ 「有田焼 万華鏡・万年筆」の展示販売
○ 備前焼・有田焼の“理由あり食器“窯元より直売
○ 「くらわんか祭」 食器満載のやきもの市
○ 「猫作家小澤先生と五人展」「タイガース応援猫」などのイベントがあります。
手前の空白はうちが買いました。
b0162847_0233352.jpg

境内散策
さぎ草
確かに似てます。 大サギ、中サギ、小サギ?
b0162847_0242046.jpg

清姫がこんな所に。陶器です。
b0162847_0271321.jpg

こちらも陶器。
b0162847_031860.jpg


b0162847_0251988.jpg


詳しくは、http://www.ikasuri.or.jp/
[PR]

by t-morino | 2010-07-24 00:29 | 大阪 | Comments(6)

ツバメの給餌②

①をUPした後、何度か淀川沿いに出てみましたが、
8月7日の淀川花火大会に向けたフェンス設置工事などが入っており
ツバメたちは出て来ません。
よって、①と同じ日に撮影した別画像をUPします。

「それぞれの親を待つ」  
後ろ2羽は匿名希望のA雄さんとB子さんです。
b0162847_0174291.jpg


「自分の親にしか反応しません」
b0162847_0184971.jpg


「空中給餌」連写1
b0162847_01924100.jpg


「空中給餌」連写2
バタバタと暴れる我が子をかわすのも結構大変そうです。
秒間3.4コマ(EOS Kiss X3)の悲しい性で、その1とその2の間にもう1コマあれば、、、
今夜から寝ている妻の耳元に「7Dいいで。7D買いや」と睡眠中、洗脳してやろう。
b0162847_0193488.jpg


こうして見れば、親と子は大きさが違います。
b0162847_0201636.jpg


「ガブリと親を飲み込みそうな勢い」
b0162847_0211366.jpg


「すくすく育っている子ツバメ」
b0162847_0213952.jpg


秋前には、台湾とかフィリピン方面に出発だから
一杯食べて大きくな~れ!
そして、また戻っておいでね。

ツバメの給餌③UPは未定の白紙状態です。
[PR]

by t-morino | 2010-07-15 00:34 | ツバメ | Comments(2)

LOVE WATER? 水浴び

外出したいけど、天気も気になるし、、こう暑いと、水浴びしたくなります。
鳥たちも同じようでして。

四天王寺極楽浄土の庭にて。

スズメ
最近、減っているのでは無いかという話をよく聞きます。
日本鳥学会のレポートによると
1990年ごろの個体数の20%~50%程度に減少したと推定された。
1960年代と比べると減少の度合いはさらに大きく,現在の個体数は
当時の1/10程度になった可能性がある。

b0162847_9594753.jpg


ヒヨドリ
分布がほぼ日本国内に限られるので、海外のバードウォッチャーにとっては日本で観察したい野鳥のひとつとなっている。
b0162847_1013168.jpg
b0162847_1014549.jpg
b0162847_102275.jpg


以下、水浴びシーンではありませんが、庭園にいましたので。

スッポン
池にはクサガメやイシガメに混じってスッポンがいました。
本質的には臆病な動物のため、近付くと防御のためすぐ嚙みつこうとする。
「雷が鳴っても離さない」と言われてますが、嚙みつく力は強いので注意が必要です。
b0162847_1034876.jpg


ジュウカラ
こぼれ話をおひとつ
イギリスでは、牛乳配達の車の後を追っていき、配られた牛乳のふたをこじ開けて牛乳を飲むという事例が報告されているそうです。
見てみたいな、是非。
b0162847_10134130.jpg

b0162847_10135678.jpg


今回は、EF400f5.6LにエクステンダーX1.4を装着し
35mm換算896mmのマニュアルフォーカス撮影でした。
[PR]

by t-morino | 2010-07-11 10:42 | 野鳥 | Comments(8)

ツバメの給餌①

地上でごはんを待つ子ツバメ。  
b0162847_1133730.jpg


その瞳に太陽と私が映ってます。 少々、強引なトリミングで拡大。 
b0162847_11293380.jpg


「あっ、帰って来た。」
b0162847_1141037.jpg


「ここだよ、ここにいるよ!」 必死にアピールしてます、内股で。
b0162847_1122244.jpg


「ガブッ」と。身体を180度ねじって噛み付いてます。ここで餌の口移し。
親はケガしないのでしょうか?
b0162847_10483285.jpg


「すぐ帰って来てね!ぜったい、ゼッタイ、絶対だよおぉ~」
b0162847_10485599.jpg


周りにツバメが数羽いましたが、
親も子もそれぞれが、自分の子、親を瞬時に判断してました。
こちらを警戒して空中で給餌というシーンもありました。
これは次回②でUPします。
[PR]

by t-morino | 2010-07-10 11:14 | ツバメ | Comments(2)

チョウゲンボウ②

親の帰りを待ちわびて
b0162847_21525337.jpg


ヒナに持って帰る糧  心なしか顔を背けてるように思えました。
b0162847_2293776.jpg


巣へ
b0162847_22102347.jpg


小さな体で頑張ってます。
b0162847_22105984.jpg


でも、亡くなる仔もいます。
電車にはねられ即死。心ある方がお墓を造られました。
b0162847_22123842.jpg


土産はトカゲ
b0162847_22141772.jpg


ポーズを決めて   元気いっぱい育っています。
b0162847_2215216.jpg


こんな風に格好良く飛べる日が来ますように!
b0162847_2216296.jpg
b0162847_22161830.jpg


b0162847_12395442.gif「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」
[PR]

by t-morino | 2010-07-06 22:26 | チョウゲンボウ | Comments(6)

コアジサシ①

チドリ目カモメ科の鳥で、絶滅危惧II類(VU)に指定されています。
5月初旬から中旬は淀川でもよく見たのですが、
しじみ採り(これが結構、美味らしい)の人数が増えるに従い、
中流域では見なくなりました。
b0162847_015739.jpg
b0162847_024568.jpg

b0162847_0215442.jpg
b0162847_0341973.jpg
b0162847_0384590.jpg
b0162847_0283550.jpg
b0162847_0442654.jpg


b0162847_12395442.gif「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」
[PR]

by t-morino | 2010-07-02 00:45 | 野鳥 | Comments(10)